ご利用マニュアル

3-6. 設定変更 (各種オプション)

更新日 2021年07月30日

同意管理プロの各種オプション設定について説明します。

プライバシーポリシー設定

同意管理プロ > 設定変更で検出されたサービス一覧の下に表示されています

プライバシーポリシー設定を操作することで、同意管理プロのウィジェット内にプライバシーポリシーURLへのリンクを表示することができます。

設定内容は次の2種類です。

  • プライバシーポリシーへのリンク
    • プライバシーポリシーページのURLを設定します。この項目にURLがセットされていると赤枠で囲んでいる文言箇所がCMPウィジェット内に表示されるようになります。
  • プライバシーポリシーのバージョン数
    • 動作上、特に変化は起こりません。また、空欄のままでも問題はありません。

ロゴ画像設定

同意管理プロ > 設定変更でプライバシーポリシー設定の下に表示されています

ロゴ画像設定を操作することで、CMPのウィジェット内の1番下に任意のロゴ画像を表示することができます。

ロゴ画像設定で気をつけていただきたいこと

ロゴ画像のURLは、CMPウィジェットを設置するドメインと同じである必要があります。 異なるURLをセットすると、CMPが別ドメインへのリクエストと判断し通信をブロックしてしまいます。

位置・カラー設定

同意管理プロ > 設定変更でロゴ画像設定の下に表示されています

設定内容は次の2種類です。

  • 表示位置
    • 通常、CMPウィジェットは設置したWebページの左下に表示されますが、この設定を「右」に変更すると、ウェブページの右下に表示されるようになります。
  • カラー
    • それぞれの見た目は以下のように設定されています。任意の方を選択ください。

初回自動表示

同意管理プロ > 設定変更で位置・カラー設定の下に表示されています

初回自動表示を設定することで、CMPを設置したWebページに初めて来訪したユーザーには、自動でCMPウィジェットが起動し設定内容の確認を促すことができるようになります。 CMPウィジェット設置以降の来訪が初回か否かを判断する対象となります。

GDPRオプション

同意管理プロ > 設定変更 の一番下に表示されています

同意管理プロのGDPRオプション

EEA(European Economic Area:欧州経済領域)
アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーと、EUに加盟する28か国が含まれ、GDPRはこのEEA域内に適用されます。

GDPRオプション機能を操作することで、「EEA域内からアクセスしているユーザーにのみ同意管理プロのウィジェットを表示する」といった設定をおこなうことができます。

設定内容は次の2種類です。

  • EEA域内ユーザー以外にはCMPを表示しない
    • CMPのウィジェットがEEA域内からのアクセス以外では表示されなくなります。
  • EEA域内ユーザーにはオプトイン形式の初期状態でCMPを配信する
    • EEA域内からのアクセスに対して、デフォルトで必須以外のサービスが拒否状態となります。ユーザーがCMPのウィジェットを通じて許可をしない限り、当該通信は遮断されます。

あなたのサイトに合わせて個別に最適なお見積もりが可能です。